2016年12月28日水曜日

残念なお知らせ

SNSではお知らせしましたが年末のコミックマーケットに向け原稿を進めてきたんですが入稿が大幅に遅れなんと印刷上がりが年明けとの悲報が…
というわけで明日は新刊は出ず、vol.2の在庫のみ販売になります。
最後まで詳細な解析をと頑張りすぎたのか12月に入って改めて解明する案件が多発。追加撮影に奔走してまいりました。合わせて本業の年末進行が重なり、最後は不眠不休で進めたんですがこのような結果になってしまいました。
ただ、入稿までは済んでいるので年明けには印刷あがって来るので次回夏のコミケは半年以上前から準備万端です。(苦笑)
来年はコミケとは別の同人即売会にも参加しようと思っているので決まりましたらこちらでもアナウンス致します。(そこがvol.3発売になるかもです。)
明日、来場予定だった方には申し訳ありませんが今しばらくお待ち下さい。
一応私寂しそうに座ってると思うので慰めの声でもかけてやってください。

表紙はこんな感じです。


ブログ予告:来る1月1日のダブルライダー45周年に合わせ九州宮崎ロケ編の記事を当時の放送時間19時30分にアップしていきます。お楽しみに。


当ブログは元の作品の権利、肖像権を侵害する物では無く、作品映像を120%楽しむ為の一つの手引きとして筆者の研究調査成果を提示するために一部"引用"として元映像を使用させていただきました。 もちろんすべての権利は東映株式会社様にあることを明示いたします。

2016年12月23日金曜日

競艇場前駅〜中央道高架下

昭和のクリスマスのコントのようないでたちのほろ酔いのサラリーマンが夜の駅に降りる。
ここは読売ランド前駅等の生田スタジオ近くの駅だろうと思い幾つかの駅を検証していたがどこも一致せず結論が出せずにいたところ、いつも情報交換をしているLooking for locationのブログ主、MGG氏がホームの幾つかの看板、改札から一瞬映る駅名表示に「きょ…」の文字があることに着目。府中の西武多摩川線競艇場前駅だと見事看破した。
筆者としてもその推理には異論はないところだがこの駅の当時の資料が乏しく新たな確証が得られるよな資料が見つかることを熱望している。
上記の推理を裏付ける決定的な要素が一つある。
それは劇中駅のシーンに続いて映る高架下のシークエンスがそれだ。改札に続くシーンだけに一見鉄道の高架のように思うところだが実のところここは高速道路の下。ただ検証を始めた当初は東名高速の下と誤読し、確証が持てないまま川崎の宿河原付近で似た場所の撮影に行くなどしていたが、MGG氏の駅推理にヒントを得て駅と同日の夜の撮影なら駅から遠く離れていないと考え、駅から最も近い中央高速に絞り検証を始めると橋脚の先にコンクリート板塀(万年塀)がある事を発見。中央道だとすればそれに該当するのは府中競馬場があった。橋脚のピッチや橋桁裏の形状なども見事に一致。検証を進めると「電人ザボーガー」「太陽にほえろ」など他作品での同所使用が確認され、ライダーだけでは確認出来なかった高架下周辺が映り特定に至った。
橋脚の太さが違うのは恐らく阪神大震災以降の橋脚補強工事のためだと思われる。
昼間のシーンだと奥の万年塀がよく見とおせる。
 高架下は部分的に競馬場側へ抜けられるよう通路になってはいるが基本的に立ち入れない為、厳密に何本目の橋脚での撮影という特定が難しかったので可能な範囲で何箇所か条件の一致する場所で撮影している。
この部分は天井裏となる橋桁を工事していたのかネットがかけられていたが梁の構造が一致しているのが確認出来た。当時は中央分離帯部分から採光出来るような素材になっていたようだ。
上を通る高速が緩やかに左へカーブしているのが一致する部分。下の側溝は埋められている。
側溝が現存している部分もある。この区画は当時雰囲気を残している。

2016年12月22日木曜日

怪獣サイン会会場へ急ぐライダー

 変身して怪獣サイン会々場へ急ぐ一文字。
ここは宮前区神木1丁目の路上。
怪獣サイン会々場へ急ぐサイクロン
ここは町田市のこどもの国横を通る旧鶴川街道。周辺の開発にともない現在は車両通行不可の遊歩道となっている。本エピソードでの滝の走行シーン時よりもカメラ位置が高く、この道が切り通しのような形状になっている事がよくわかる。
五朗たちに危機が迫っているにもかかわらずのんびり蛇行運転しているライダー
ここは宮前区宮崎6丁目と宮前台2丁目の間の道。現在の宮前消防署の前あたり。ライダーの左に見える黄色の重機が置かれた建設業者の資材置き場は現在は大型書店が建っている。
エンディングの走行シーンも上と同じ道。道の先は富士見坂と呼ばれる坂になっているがロケ地マニアには”スカイドエリングの見える坂”として知られている(かどうかは知らない。)。

2016年12月21日水曜日

岡本3丁目

事件を解決し走っていく一文字
ここは世田谷区岡本3丁目周辺の道路。恐らく同じこの岡本3丁目がロケ地だった35話撮影時のライブフィルムだろうか。

このカットは東名高速沿いの道路で高速側には防音壁が設けられたが道の先は傾斜があり上り車線の緑の標識が僅かに写り込んでいる。
ラストのカットは35話で剛田博士の家に向かうシーンでも通る博士の邸宅前の道。

旧足柄橋

ライダーの活躍で無事にショッカーから解放された関博士親子。
ここはエイキング決戦の山北発電所の前を通る県道726号線の酒匂川に掛かる旧足柄橋のたもと。
現在の足柄橋は平成11年の橋の架け替えに伴い道一本分東側隣を通っていて、当時は一文字たちがバイクに乗った後方が橋だったが現在は行き止まり。31話ではこの先をサイクロンが走っている。

山北発電所

エイキングは世界暗黒作戦のターゲットの発電所に爆薬を仕掛ける。
この発電所は足柄上郡山北町にある東京電力山北発電所。大正3年に運用開始された歴史ある発電所で撮影当時から半世紀、施設の外観があまり変わっていないことに驚く。
落水菅の本数が3本から2本になっている。
後ろに見える酒匂川にかかる足柄橋は作り変えられていて地表から道路までの距離が数メートル高くなっている。ここは31話でサイクロンの走行シーンで登場する。
 エイキング頭部後ろに見える鉄柱がなくなっているようだ。その先には酒匂川の川面が見える。

情報内容の正確さを求める為に記事の差し替え、追記等を行う場合があります。

自己紹介

自分の写真
仮面ライダーの全てのロケ地を自分の目で見る旅の途中です。 当ブログは元の作品の権利、肖像権を侵害する物では無く、作品を120%楽しむ為の一つの手引きとして筆者の研究調査成果を提示するために一部"引用"として元映像を使用させていただきました。作品の権利は東映株式会社様にあります。