2012年12月30日日曜日

生沢奈美恵宅

ムカデラスは五郎の同級生、生沢奈美恵に目をつけ自宅を襲う。
とんがり屋根の当時としては高級そうなお屋敷。生田スタジオ周辺の住宅ではないかと思い探し続けているが未だ見つけられず。どなたかご存知の方がいらっしゃればご教授ください。
追記:コメント欄にてお二方の書き込みにより判明いたしました。別エントリーにて情報アップしましたのでこちらをご覧ください。このエントリーはお二方とのやり取りを残す為、削除せずこのまま残しておきます。情報をお寄せいただいたakochi様、匿名様ありがとうございました。

2012年12月24日月曜日

大丸用水堰

仮面ライダーごっこに興じる子供達の前にライダーに合わせてくれるという怪しい男が現れる…
子供達が遊んでいるコンクリート製の取水施設は現在の東京都稲城市にある南多摩水再生センター裏、多摩川の右岸にあった大丸用水堰の取水口である。
最初に取材に訪れた3年前には当時の物が存在したが2年前に大掛かりな改修工事が行なわれその姿を消してしまった。V3エンディングなどで印象深い堰全体も魚道など一部を残して作り換わってしまったようである。
2009年には取水口から上流側は車両の乗り入れが禁止となり、すっかり雑草に覆われて立ち入ることも困難。改修後の現在は除草されてるかも。
後に配電施設が増築されていた。
手摺りなどが部分的に改修されていた。
大丸浄水場の擁壁。夏場はすっかり緑に覆われる。


2012年12月22日土曜日

マンションニューランド

一文字隼人の自宅として登場するのは東映生田スタジオ近くのマンションニューランド。
その立地から本郷猛の自宅としても登場するほか東映生田スタジオ作品には欠かせない名建築である。


2012年12月15日土曜日

都道137号上麻生連光寺線

考察:都道137号上麻生連光寺線(京王相模原線若葉台駅付近)
第26話のバイク走行シーンを皮切りに東映生田作品初期において使用頻度の高い雑木林に囲まれた道。
3クール目以降のエンディング、63話のバイクレース、92話においてはショッカーライダーとのバイクチェイスなどにこの都道137号線の若葉台南から連光寺に抜けるまでの短い区間が使われたと考えている。
しかし、現在ではこの区間は京王線若葉台車両工場の建設、鎌倉街道、川崎街道の区画整理、周辺の宅地開発などにより道の位置自体が移動していて具体的な場所を探るのが困難になっている。
話数を追って順に解説していければと思う。
下の地図中央を走る赤い道が昭和46年当時の道筋である。
上図にて26話における使用箇所を追ってみた。(順番はストーリー登場順関係なく若葉台駅寄りから)
A.滝とユリが道路陥没に伴い通行止めを行なうも滝が逮捕されてしまうT字路。
B.一文字たちのパトロール中に砂が降り出すあたり。
C.ゾル大佐扮する偽滝が警察の検問を突破する場所。
D.同じく偽滝が追ってきた警官に暴行を働く広場。



道路陥没に伴い滝とユリは通行止めを試みるが…(A.
鶴川街道と交差する若葉台南の信号。パトカーの走ってきた道が鶴川街道。ほとんど景色の変わったこの道で唯一、ユリが立ち往生するシーンの背後に一瞬映る自動車整備工場(といっても"~タイヤ”という看板が読める程度。現在の写真ではダイハツの看板が揚がっている場所。)が現在も存在する。
滝の後方、現在の茶色いマンションの後ろが若葉台駅。

パトロールを続ける3人。突如空から砂が降り始める…(B.
雑木林に囲まれたこの道のあたりは上図からも判るように京王相模原線敷設に伴い道筋が変わっていて現在の若葉台ゴルフ練習場の辺りではないだろうか。
このあたりはこの回以降、物語のエピローグなどのバイク走行シーンに多用されていくのだが基地建設による造成ですっかり景色が変わってしまっている。
*検証画像編集中。。


突然、警察の検問を突破する滝…C.
警察が検問をしていた場所は恐らく稲城台病院の横あたりだと考えられる。
検問の場所から先は18号線の拡張で道が無くなった。
*現状の道で以前撮った写真に当てはめてみたがその後の検証から恐らく実際は当時道のあった現在写真の向かって右手方向の公園辺りではないかと思われる。

追ってきた警察に踵を返し襲い掛かる偽滝…(D.
ここは造成地途中なのか手がかりらしい手がかりは唯一映りこむ永山団地の建物ぐらい。
現在では都道18号の拡張で大きく変化しており道や広場自体が全く消失してしまった場所だと思われる。広場があったであろうあたりにある公園から遠方に見える永山団地の建物の特徴を頼りに撮影。

情報内容の正確さを求める為に記事の差し替え、追記等を行う場合があります。

自己紹介

自分の写真
仮面ライダーの全てのロケ地を自分の目で見る旅の途中です。 当ブログは元の作品の権利、肖像権を侵害する物では無く、作品を120%楽しむ為の一つの手引きとして筆者の研究調査成果を提示するために一部"引用"として元映像を使用させていただきました。作品の権利は東映株式会社様にあります。