2011年9月19日月曜日

西三田団地

ヒロシに感染したキノコモルグの胞子は運び込まれた病院内で次々に感染していく。
病院の建物は長沢浄水場隣の松下電器東京研修所の建物。西三田団地からも程近い。
車が走るのは”川崎市水道局長沢浄水場”(レギュラーで使われているのは”東京都水道局”)と西三田団地の間の道。窓の外に見えるのは同団地3-6から3-7号棟の建物。
胞子に感染し発症した患者の乗る車は西三田団地内を暴走する。
当時の映像にある生田クリニックが現在も健在。
 次に次に市民に感染していく。
後ろの建物は西三田団地3-1号棟。

2011年9月13日火曜日

筒井商工跡

キノコモルグが人質と立てこもったのはJR青梅線宮ノ平駅近くにあった石灰精製工場「筒井商工」だった。
当時は青梅線より専用引込み線があったほどの規模だったがすでに廃業、現在は跡地に城の石垣のような工場の土台部分だけが残っている。

建物はすっかり取壊されているが石垣はしっかり残っている。
工場敷地は現在駐車場として利用されている。
一文字の後ろに見える赤い屋根の家が現存している。
現地では気づかなかったが藤兵衛の後ろの建物と比較写真に写る右の建物が同一のようだ。
本編撮影時期とほぼ同じ頃に訪れるとご覧のように草が凄く、石垣上には作業に使っていた竪穴が落とし穴のように残っているのでかなり危険。
下にJR青梅線が見える。写真右端辺りが宮ノ前駅になる。
 後方の山の向こう側はシリーズ中、採石場のロケ地として知られる金本石材になる。
宮ノ前駅から見た様子。すっかり緑に侵食されてしまっている。
冬場ならかろうじて全景が判る。
ここでも変身してみたが…

矢野口

キノコモルグが子供たちを誘い出した場所は京王線よみうりランド駅から稲城駅間に沿って続く砂の地層がむき出しの連続した崖、「稲城のグランドキャニオン」と呼ばれる稲城市矢野口の造成地である。
40年前に京王線敷設の為に土砂の採掘が行われ未だに荒地のままで、40年の間にびっしりと雑草で覆われ真冬の草枯れしている時期でも立ち入ることは困難である。
マニアに三栄土木と呼ばれた稲城駅前の土砂採掘場から連続して続くこの崖の造成地はシリーズ通して多くのシーンが撮られているが、ここ数年で宅地開発が進んできており姿を消すのも時間の問題かもしれない。

同じ位置に立つと線路越しの光景は見通せないため若干後ろの高い場所から撮影。
遠くに見える小高い丘は稲城市の向陽台あたり。
 真冬でもご覧のように大人の胸ほどの雑草に覆われ先に進めないほどだ。
いつか有志を集めて草刈でも申し出たいがいかがだろうかw
 トラックはよみうりランド方面へ走る。
 崖から比べるとかなり崩れてはいるんだろうが何となく当時の面影を残す。
 足で草を踏み固めながら半日がかりで藪へ分け入る。
 少し似ている断層を見つけたが同一の場所かどうか定かではない。

ここはかなり苦労する割りに位置も特定しづらく、おおよその場所まで行っても草で阻まれ何の写真を撮っているか判らなくなってくる難所である。


撮影のあった辺りを崖上から望む。
 よみうりランド寄りにある妙覚寺裏の開けた場所から見る造成地全景を見る。ここでは2号編初期に特写が撮られた。

2011年9月12日月曜日

平尾団地商店街

人々を誘拐するため「納涼おばけ大会」と称しチンドン屋を装い子供たちを誘い込むキノコモルグ。
ここは稲城市の平尾住宅内にある平尾団地商店街での撮影。
筆者ならあんな気味の悪い怪人の後は付いていかないと思う。
現在の看板。取材に訪れたのが日曜だったせいかシャッターの下りている店のほうが多かったが看板を見る限り、映像にもある青果店や精肉店がいまだ健在なのが判る。

2011年9月8日木曜日

立正佼成会青梅練成道場

無期懲役の囚人13号が収監されているのは府中刑務所中野刑務所でした。
キミ子とヒロシがテニスをしているのは青梅にある立正佼成会青梅錬成道場のグラウンド。
テニスコートやサッカーグラウンドこそ無くなっていたが雰囲気はそのまま残っている。
敷地が拡張されそれらの施設はそちらへ移転したようだ。
オーバーコートしたボールを追っていった先はなぜか川崎の生田スタジオの裏手。
時折、事件の導入部などで使われる事がある場所である。
その後、ヒロシ達を拉致したショッカーのサイケデリックな柄の派手なトラックは立正佼成会の敷地へ。この辺りは植物の生え方が半端なく立ち入ることも見通すことも出来ないので冬場に撮影に訪れた。
このトラックが姿を消す場所はご覧のように整地されていた場所に木が生えてしまっていて当初全く検討が付かなかった。
草に埋もれていたトラックの脇に見える何かの通風孔設備が同じ場所だということを物語る。
青梅で姿を消したはずのトラックはなぜか今度は埼玉の吉見百穴(よしみひゃくあな)の地下壕に隠れていた…
情報内容の正確さを求める為に記事の差し替え、追記等を行う場合があります。

自己紹介

自分の写真
仮面ライダーの全てのロケ地を自分の目で見る旅の途中です。 当ブログは元の作品の権利、肖像権を侵害する物では無く、作品を120%楽しむ為の一つの手引きとして筆者の研究調査成果を提示するために一部"引用"として元映像を使用させていただきました。作品の権利は東映株式会社様にあります。